会社の実印は非常に重要な印鑑です!

会社の実印は法務局へ登録している印鑑のことを指します。代表者が契約を結ぶときなどに利用する大切な印鑑です。会社の代表ともなるべき印鑑ですので代表印とも呼ばれています。この印鑑は法務局へ届出が義務付けられています。届け出をして認められることで公の信用を得ることができるのです。

会社の実印はある程度決まりがあることを知っていますか?会社の業務を実行するための大切な印鑑ですから、ある程度決まりがあるのです。大きさについて制限があります。印鑑は1辺1cm以上3cm以下の正方形に収まらなくてはならないのです。素材もなんでもいいわけではありません。ゴムのような変形しやすい素材は不可です。硬い素材で作成します。人気が高いのは黒水牛など高級感がある素材です。比較的安価でありながら、適度な硬さがあり耐久性もあるツゲも好まれているようです。中には、個人の印鑑と兼用にして使っている人もいるようですが、防犯上も好ましくありません。専用のものを作成しましょう。

大切な印鑑であるので、保管も重要です。みんなが知っているような場所に保管するのではなく、防犯対策もしっかりと考えて代表者しか知らないような場所に保管しておくべきです。

[PR]
印鑑 実印